ドメイン取得方法について説明する男性

ブログなど、しばらくwebサイトを運営していたけど漠然と自分だけのドメインを取得したいと考えている方は多いのではないでしょうか。こちらではドメイン取得の方法、コストなどを紹介します

新規ドメインの取得は失敗出来ないシーンで行なう

新規ドメインの取得をいったん実行すると後戻りすることは出来ません。何らかのやむを得ない理由で、取得後のドメイン変更が生じた場合は、通常は企画段階からのやり直しになります。場合によってはコンテンツも差し替えになりますし、サイトの個性によってはデザインも刷新する必要があります。それまでのSEOの成果を引き継ぐには301リダイレクトなどの手段を講じることになり、非常にコストがかかります。せっかく新規に取得したのに、無駄に終わってしまいます。
失敗を避けるためにも、新規ドメインの取得をする際は、企画からの綿密な戦略が必要になります。SEOに関わるキーワードの選定なども、この企画の段階で行うのが望ましいと言えるでしょう。なぜなら、キーワードの方向性とドメイン名の方向性があまりにも違いすぎると、後々にブランディングにおいて失敗する可能性があるからです。
往々にして起こりうるのが、キーワードとの方向性が後にバラバラになってしまうことです。このようなことを避けるためにも、明確なユーザー像を設定して、できればペルソナなどのマーケティング手法を取り入れ、キーワードとの方向性が一致するように調整し、定義付けます。理想的には、メインキーワードになる語句のもたらすイメージとドメイン名の提供するイメージが、うまく一致することです。
成功しているドメインは、ほぼ共通してこの傾向が見られます。ドメインの取得は確かに早いもの勝ちではありますが、まずはサイトが何を提供するのかという定義となるものを、しっかりと築いて、その土台から派生するコンテンツやキーワードなどを見据えてドメインを選定し、取得するのが望ましいでしょう。

中古ドメインの取得前にAhrefsなどでチェック!

中古ドメインの取得をするには事前の調査が必要になります。その中古ドメイン自体が運営されていた状況を調査することも当然ながら重要となりますが、調査は主に被リンクに対するものになります。被リンクの調査にはAhrefsなどのツールを使用します。Ahrefsでの調査は、まずは被リンクの総数が一つの大きなチェックポイントになりますが、これをある程度クリアしたら、より詳細なチェックを重ねていきます。
これにはまず被リンクの増減の推移が挙げられます。被リンクが増えているのであれば問題はありませんが、明らかに減少を続けているなら、注意が必要でしょう。また、増えている場合でも、ある時を境に極端に増えている場合などは、同一ドメインのものであったりしないかどうか、確認が必要かもしれません。
コンスタントに自然な増減で推移しているかどうかが、一つの目安になるでしょう。次に注目したいのはアンカーテキストです。どのようなテキストでリンクが貼られているのかをチェックします。このアンカーテキストの内容によって、中古ドメインのコンテンツの方向性もある程度決まってきます。予定しているコンテンツと極端にかけ離れたアンカーテキストばかり目立つようであれば、運営開始後になって、もしかしたら障壁になるかもしれません。
アンカーテキストのクラウドや頻出アンカーテキストのランキングなどで、この点をよく確認します。さらに、アンカーテキストに含まれる頻出のキーワードをチェックします。これも、用意する予定のコンテンツとある程度整合性が求められるので、あまりにもかけ離れていないことを確認します。このような作業を、中古ドメインごとに繰り返して行い、取得前のチェックを行います。

新規と中古ドメインはどっちが取得にコストがかかる

ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピューターの場所を示します。つまり、インターネット上の住所になります。ドメインには新規と中古の2種類があります。新規のものは、まだ誰も利用されたことありません。それに対して、中古のものは、以前に誰かが利用されたとがあります。新規の場合であれば、おおよそ1000円前後で購入できます。それに対して、中古の場合であれば、およそ数千~何万円になります。
したがって、新規と中古では中古の方が取得にはコストがかかります。ですが、中古のものにはコストに見合うメリットも存在します。それは、過去に使用されていたという実績があることで、ドメインとしての信頼が存在します。つまりどういうことかというと、被リンク効果やページランクを引き継ぐことになますので、検索エンジンで検索した際にそのサイトは上位に表示されやすくなります。
よって、アフィリエイトを行う際に有利に働きます。そのため、新規と中古のコストに差が生じてしまいます。しかし、中古にはデメリットもあります。それは、中古には以前利用して利用者が手放したドメインとなっておりますので、なんらかの問題やペナルティを受けた経験がある可能性を孕んでいます。
したがって、高いコスト払って中古のドメインを取得したからといって、必ず高い効果が得られると言い切れません。それに対して、新規の場合、ドメインとして価値がほとんどない状態からスタートしま。そのため、長期的にサイトを運営、新しいサービスを開始、会社のホームぺージを作成する際には新規のドメインの方を取得した方がよいです。なぜなら、新規の方が低コストで安心して安全なドメインを取得できるからです。