ドメイン取得方法について説明する男性

ブログなど、しばらくwebサイトを運営していたけど漠然と自分だけのドメインを取得したいと考えている方は多いのではないでしょうか。こちらではドメイン取得の方法、コストなどを紹介します

フリーランスのドメインは本名にしてルートに着目

ウェブサイトをローンチさせる時、長年経験している方こそデザインよりもドメインに頭を悩ませるとお話します。
どちらも重要な事なのですが、サイトデザインというのは後からいくらでも手直しができる上に、全く異なる様相にさせられるのでその都度やり直しができるのです。
一方、ドメインは住所や社名と同じように一度決めると変更はできないため比べ物にならないほど重要性が高いです。
そのため、堂々巡りが続いてしまいいつまでも最終決定できずに居るという方も少なくありません。
そこで考慮すべきなのは、自分のサイトだけではなく検索サイトの存在です。
アメリカ発の検索エンジンや日本の検索エンジンは、ページ情報に限らずドメインの文字列も掲載順位の基準にしています。
つまり、非常に作り込まれている様相のウェブサイトだとしてもドメインがきっかけとなり、順位に制限が設けられてしまう恐れもあります。
検索した結果、検索順位で上位にするためにはサイトの記載内容と深い関係にあるキーワードを指定しましょう。
例えば、個人事務所やフリーランスで本名が広告塔になっているのなら、ドメインに本名を追加すると効果が高まります。
そして、言わずもがなですがドメインは細かな部分にまで抜かり無く拘りを持って設定しなければなりません。
多いのはコンピューターを示すものや在住している国を表す拡張子ですが、近年ではコンピューターを示すタイプの方が検索エンジンでランキングが高くなると言われています。
こうした拡張子の事をルートと呼ぶのですが、情報化によりルートにも流行り廃りが見受けられるようになってきているので、以前よりもドメインに関して注意深く目にすべき点は増えてきています。