ドメイン取得方法について説明する男性

ブログなど、しばらくwebサイトを運営していたけど漠然と自分だけのドメインを取得したいと考えている方は多いのではないでしょうか。こちらではドメイン取得の方法、コストなどを紹介します

同一ドメインから移転前のサーバーの処理

「同一ドメイン」というキーワードについてですが、まず基本的に「同一ドメイン」というものはあり得ません。
この理由に関してですが、ドメインというものが、人の家の住所、番地などを表しているものと定義されているように、まったくの見知らぬ人が、同じ家に住んでいる、そして同じ住所を使っている、そのように仮定されてしまうからです。

ただ、とても同じように見えるドメインなどを作ることは可能です。
嫌がらせなどとして、文章などを全てコピーして、また、そのサイトさんへの悪質な対応として、ドメインなども同一ドメインと間違えるように、「まったくの偽物であるが本物そっくり」のサイトなどを作ることが可能であるからです。

これは、金融機関などや、公式のショップさんでも苦労をされている点であり、ドメインがあまりにも「同一ドメイン」、つまり「ほぼ似たように見える、まったく同じに見える」ドメインで構成がされているため、お客様が間違えてしまう、ということがあるからです。

そのため、このような悪質なケースについては、金融機関などの場合には、警察などを通して、警察のサーバー対策システムなどに依頼を行うなどして、削除などを行ってもらっていますが、いたちごっこの状態となっています。

実際に、前よりはこのような被害は少なくなった、ということもありますが、一時的にはお金が勝手に送金されて盗まれる、また、お金を勝手に引き出される、パスワードを変更される、などという被害が相次ぎ、大変な問題になったこともありました。

このような場合には「認証パスワード」というシステムを使うことによって、金融機関などの場合には、インターネットバンキングなどを利用するお客さまに注意の呼びかけを行い、前よりも、犯罪は減少している傾向にある、とされています。